Category: ブログ

Tokyo Tuc Chihiro Yamanaka collaboration

TOKYO TUC伝説のライブが復活!?山中千尋さんとのコラボが新しいプラットフォームで!

山中千尋さんのジャズライブをTokyo Tucに友人と聞きに入ったのはもう5年以上前になる。当時は六本木や青山や新宿にジャズバーがたくさんあったし、ブルーノートも全盛期だった。ジャズジャイアントたちが活躍した1960年代のマイルス・デイヴィスやビル・エヴァンス、John Coltrane等のアルバムを聴きまくっていた僕たちにとって、山中千尋さんの登場はなかなかに衝撃的なものだった。何故かと言うと日本人にジャズは本当の意味ではたどり着けない場所があるというのが当時の一般的な感想で、そういった想像を遥かに超える演奏を見せてくれたのは山中千尋さんだったんだ。本当のエンターテイナー、本当のミュージシャン、そして本当の意味での芸術家を目にすることができたのはとても幸運だったと思う。 坂本龍一さんにしても、ビートたけしさんにしても、そういったアーティストをあまりにも日本人はないがしろにしすぎているように思う。いろいろな面で、名前も活躍もあってしかるべきだ。例えば昔で言えば家庭用のテレビゲームにも芸能人やアーティストが数多く登場していた時期もある。これはどういうことかというとエンターテイメントの異なるセグメントのユーザ層にもその芸術家の認知度を広めることができ、ファンが拡大することを意味している。 だから優れたエンターテイナーや、優れたミュージシャンは決してその分野にとどまらず、様々な方面で活躍するのが海外では常識だ。ビートたけしさんのように映画をやり、映画監督をこなし、俳優、そして本も書く文筆家と言うのは、本物の芸術家であれば一般的に見られることだ。 僕は、山中千尋さんはもっと世に知られても良いと思う。そのためには分野を超えて枠を超えて、エンターテイメントにもっと進出するべきだ。 では具体的に、どういう形があり得るのだろうか? 考えて欲しい。今はインターネットの世紀だ。個人が自由に情報配信することもできるし、YouTubeのように気に入ったアーティストを自分がいつでも好きなときに聴くことができるだけでなく、あらゆる意味でエンターテイメントがデジタル化している。例えば本は次第に時代遅れのメディアになりつつあるし、これまでのようなテレビ番組も視聴者を失いつつある。 この中で今人気が急上昇中なのはオンラインカジノである。従来のようなカジノでは味わえなかった気楽さ、そして自宅からすまほでいつでも遊べると言う快適さ、さらにインターネットの速度向上によりライブカジノを24時間365日世界のどこからでも遊べるというのが大きな利点だ。世界中から毎日数十万人数百万人と言うユーザがログインしてカジノを楽しんでいるのだ。これを使わない手は無いだろう。 その人気の秘密の1つは、オンラインカジノボーナスにある。ほとんどの人はカジノと言うとお金を損することを考えて怖がる傾向にあるので、それをなくすために去年20ドルとか30ドルのボーナスをユーザに分配してくれるのだ。登録するだけでもらえるボーナスや、最初の入金でもらえるボーナスなどボーナスには様々な種類がある。いずれにしてもそのボーナスでジャックポットが出れば当然そのままもらうことができるのだから、ただで宝くじをもらうようなもんだ。オンラインカジノボーナスの詳細はここをクリックすると読めます 実際にGun’s & Rosesのオンラインスロットマsシンもあり、ライブ映像や人気の音楽でさらにユーザを獲得している。これと同じようにあるとすれば山中千尋さんの代表作When October Goesのアルバムの曲を中心にして、ライブ映像を加える。静かなイントロのピアノの曲からスロットが回り始め、山中さんのシンボルが揃ったら山中さんの演奏が数秒始まる。大きなインパクトだろう。山中さんのシンボルが下園と同じステージに入り、ライブ映像が流れ、興奮した観客、そしてあのパフォーマンスをダイナミックに体感できる。ワールドシンボルはアルバムのカバーが良いだろう。よくあるような楽器のシンボルはありきたりだ。 山中千尋が世界に羽ばたく、そして今は亡きTokyo Tucが願いとしていた日本からのジャズ配信をこういったところで夢を実現していくのが僕の仕事だと信じている。

ネットカジノ音楽

家でオンラインカジノを楽しんでてもジャズは欠かせない

皆さんはジャズ・ミュージックについてどのようなイメージをお持ちでしょうか?なんとなく難しそう、大人の為の音楽、オシャレな感じ、即興音楽...etcと人によって違いはありますが、なんとなくそのようなイメージを持っている方が大半ではないでしょうか?しかし、ジャズがはじめて世の中に誕生した時の世間のイメージは、今とは真逆のモノでした。表現の自由さ、ブルーノートと呼ばれる「あれ?音外れてる?」と思うギリギリのところで気持ち良い音を当てていくような独特の技法、ポリリズムだったりインタープレイ(即興)だったりと、何が飛び出すかわからない、ワクワクする音楽というイメージでした。(今でも愛好家の方はそのようなイメージを持っている方が多いです) さて、ジャズミュージックが非常に似合う場所といえば、バーやカジノではないでしょうか?様々な場所で今も愛されるには理由があります。なにせジャズはオフィスミュージックとしても優秀と言われているくらいにずっと聞いていても飽きにくく、さらにはテンポ感もゆったりとした曲が多いためリラックスできます。先ほどあげたブルーノートなどによる「明るすぎない」音楽というところも独特のセンチメンタルを醸し出してくれます。そしてなんといっても感情豊かな音の一つ一つの魅力でしょう。インタープレイで生み出される音は、プレイヤーの感情によって様々な「エモさ」を演出してくれているので、聞いていて退屈する事がありません。リラックスとパワフルを同時に得られるジャズがオフィスミュージックにも向いているという事は、勿論カジノにも向いている音楽というワケです。 カジノ内だけではなく、ジャズミュージックはオンラインカジノやネットカジノゲームにも同じ理由で使用されてます。オンラインギャンブルの詳細はここから!ジャズはカジノゲームをよりワクワクする効果もあります。 リアルのカジノに行けば流れているジャズも、雰囲気づくりに一役かってくれていますがオンラインカジノは基本自宅でPC等でプレイするもの。でも、ジャズを一緒にかけながらプレイしてみると、勿論雰囲気もそうですが、不思議と気持ちもノッてくるものです。 そして、早いビートで大音量!みたいなパチンコ屋のような音楽ではないため、リラックスもできるわけです。熱くなった頭は、冷やさないと勝てるものも勝てません。アカギのお墓に冷えピタ貼るよりも、そんな時は音楽の力を借りてみましょう。ジャズを聴きながらゆったりとした気持ちと余裕で、自宅でオンラインカジノを遊んでみてください!きっとちょっと違った角度で楽しめると思いますよ!